活動報告 *





『2017年6月度 写真クラブ例会』

  2017年6月3日開催。今回は福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショウルームが催し物のため部屋が開いておらず、近くの薬院紙与ビル8階にあるパナホームの会議室をお借りしました。松九会写真クラブ会員11名、松愛会写真クラブ2名の合計13名参加です。午前11時から始まり12時迄です。作品は5月に開催した舞鶴公園の撮影会の写真や最近撮された季節感あふれるものばかりです。この場所が判らず遅れてこられる方や参加者が多かったこともあり、時間が少々オーバーしてしまいました。机の上に並べられたたくさんの作品を相談役の柴田さんから1枚1枚の講評をして頂き、各人のベストショットも選んで頂きました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ





『2017年春の撮影会』  2017年5月12日(金)

  参加者: 柴田恭輔、村上直人、原田和夫、藤本国和、入部一、山崎一。

  午前10時に平和台陸上競技場前6人集合。「ぼたん・しゃくやく園」で集合写真を撮り、皆さん満開状態のたくさんのシャクヤクを思い思いに撮っておられましたが突然、天気予報より前に大粒の雨が降り出す。傘を差しながら撮影していましたが場所を移動し、潮見櫓やお堀のそばを被写体を探しながら歩いて行きました。堀に浮かぶ睡蓮、蓮の葉の上の水玉などを撮しながら歩いて行くと福岡地方裁判所前の林の中でアオサギの巣を見つけました。こんな都会の中でも巣作りをしているのだなと感心しました。そのあと堀のそばのパスタ屋で昼食を済ませ解散。
 

 (写真と文 原田和夫)

詳細レポートへ





『2017年4月度 写真クラブ例会』

  2017年4月1日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム。今回はショウルームの都合により、いつもの3階の研修室から6階の会議室に変更になりました。松九会写真クラブ会員9名、松愛会写真クラブ1名の合計10名参加です。午前11時から始まり12時迄です。今回より新入部員として山崎一さんが参加されました。皆さん季節感が現れる思い思いの写真を机の上に並べられました。相談役の柴田さんから各人の写真の講評を拝聴し、各人のベストショットも選んで頂きました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ





『2017年3月度 写真クラブ例会』

  2017年3月4日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員8名、松愛会写真クラブ2名の合計10名参加です。午前11時から始まり12時迄です。、今回は松本さんが3月末から八女市の「ほたると石橋の館」に展示する写真のミニチュア版のポストカードをたくさん持ってこられていました。藤吉さんは友人から貰った写真をを基に素敵な水彩画を描かれていました。皆さん季節感が現れる写真を机の上に並べられました。相談役の柴田さんから各人の写真の講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ




『2017年2月度 写真クラブ例会』

  2017年2月4日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員9名、松愛会写真クラブ2名の合計11名参加です。午前11時から始まり、今回は1月の冬の撮影会の写真や季節の写真など色んな作品が揃いました。松愛会の藤吉さんは今回も写真を基に素敵な水彩画を展示しておられました。相談役の柴田さんから各人の写真の講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ




『2017年冬の撮影会』  2017年1月11日(水)

  今回の冬の撮影会は福岡市動植物園で開催しました。バスや電車の公共交通機関を利用して午前10時に動物園前に集合。7名集まり入園。1名はあとから植物園に来るとの事でした。鳥インフルエンザの影響で鳥類の撮影は出来ませんでしたが哺乳類は撮影できます。しかし今日は寒いので活動は鈍いようです。まともに撮れるのはオランウータンや猿山の猿ぐらいです。食事は植物園内の展望台カフェで摂ることにしていたので皆さん徐々に集まって来ました。以前と比べるとメニューも増えており、サラダ、スープ、コールドドリンクのサービスも有り、美味しい食事に満足しました。食事を済ませ8名の集合写真を撮り、温室にも寄っていつも咲いている花や、今の時期にしか咲かない珍しい花を撮す。各々植物園から帰る人、動物園まで戻って帰る人で自然解散しました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ




『2016年12月度 写真クラブ例会』

 2016年12月3日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員8名、松愛会写真クラブ1名の計9名参加で午前11時から始まりました。皆さん、最近撮した写真をテーブルに並べる。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が集まりました。松本さんは日本全国の桜を巡って撮影されたアルバムを持参されていました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ




『2016年11月度 写真クラブ例会』

 2016年11月5日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員7名、松愛会写真クラブ1名の計8名参加で午前11時から始まりました。皆さん、最近撮した写真をテーブルに並べる。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が集まりました。藤吉さんは写真をもとに素敵な水彩画を披露されました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ




『2016年10月度 写真クラブ例会』


  2016年10月1日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員7名、松愛会写真クラブ1名の合計8名参加です。午前11時から始まり、今回も色んな作品が揃っています。季節柄ヒガンバナの画像が多いようです。私はコンパクトデジカメのHDRアートと言うモードで撮った写真を遊びで持ってきました。相談役の柴田さんから各人の写真の講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました。
                        (原田和夫 記)
詳細レポートへ




『2016年9月度 写真クラブ例会』


  2016年9月3日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員9名、松愛会写真クラブ2名の合計11名参加です。午前11時から始まり、今回も色んな作品が揃っています。松本さんは8月の撮影会の写真の他に桜の写真をたくさん持ってこられていました。松愛会の藤吉さんは今回も写真を基に素敵な水彩画を展示しておられました。相談役の柴田さんから各人の写真の講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました
                        (原田和夫 記)



詳細レポートへ





『2016年夏の撮影会』   2016年8月11日(木・祝)

  今年から制定された「山の日」にあえて海に来ました。列車とバスを乗り継いで芦屋の夏井ヶ浜へ。参加者は5名。お目当てのハマユウはまだ半分ぐらい咲いていてくれました。7月下旬に下見に来た時、撮影日当日にはもう終わっているだろうと思っていましたが幾分盛り返していました。海岸線も美しく、海水浴の家族連れも多く被写体には困りません。しかし今年の暑さは格別で、熱中症にならないように4時間滞在予定を2時間に短縮。近くの「とと市場」で美味しい海鮮ものの丼や寿司を食べ早々に引き上げました。

                        
(原田和夫 記)


詳細レポートへ




『2016年7月度 写真クラブ例会』
    2016年7月2日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員6名、松愛会写真クラブ2名の合計8名参加です。先月見学に来られていた熊本地区の桑原保修さんが今回入会されました。午前11時から始まり、今回も色んな作品が揃っています。相談役の柴田さんから講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました。
                        
(原田和夫 記)



詳細レポートへ




『2016年6月度 写真クラブ例会』
  2016年6月4日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員8名、松愛会写真クラブ2名、そして熊本地区から桑原保修さんが参加され、計11名で参加で午前11時から始まりました。皆さん、春の撮影会や最近撮した写真がテーブルにたくさん並べました。今回も色んなジャンルの作品が盛りだくさんです。相談役の柴田さんから講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました。
                        
(原田和夫 記)



詳細レポートへ




『2016年春の撮影会』   2016年5月8日(日)

  5月は撮影会です。海の中道公園では、5月8日に「ふくこいまつりinうみなか」が開催されるのでそれに併せて開催。バスや列車で公園西口に午前10時に5人集合。まず入口で集合写真、その後各人思い思いに自分の好きな被写体を探して歩き出しました。午前11時からは子供広場で「ふくこいまつり」のイベントが始まったので皆んな夢中でシャッターを切る。凄い音量でいつまでもそこには居られないので周囲の綺麗なお花畑等も撮す。ここは被写体には不自由しないようだ。昼食後、一通り園内を廻って自然解散しました。

                        
(原田和夫 記)


詳細レポートへ




『2016年4月度 写真クラブ例会』
  2016年4月2日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員7名、松愛会写真クラブ1名の計8名参加で午前11時から始まりました。皆さんの最近撮した写真がテーブルにたくさん並んでいます。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が揃っています。特に桜の写真が多いようでした。相談役の柴田さんから講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました。
                        
(原田和夫 記)



詳細レポートへ




『2016年3月度 写真クラブ例会』
  2016年3月5日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員9名、松愛会写真クラブ1名の計10名参加で午前11時から始まりました。皆さんの最近撮した写真がテーブルにたくさん並んでいます。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が揃っています。相談役の柴田さんから講評を頂き、最後に各人のベストショットを選んで頂きました。
                        
(原田和夫 記)



詳細レポートへ




『2016年2月度 写真クラブ例会』
  2016年2月6日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員6名、松愛会写真クラブ2名の計8名参加で午前11時から始まりました。皆さん、1月の撮影会の写真や最近撮した写真をテーブルに並べる。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が集まりました。松本さんは展示用の大きな桜の写真を多数持参されていました。藤吉さんは写真をもとに素敵な水彩画を披露されました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。       (原田和夫 記)


詳細レポートへ






『2016年冬の撮影会』   2016年1月3日(日)

  2016年から撮影会は写真例会の無い1月、5月、8月に開催することにしました。バスや車を使わず公共交通機関を利用して集まれる場所で行いたいと思っています。1月は正月3日に筥崎宮で玉取祭(玉せせり)が有り、神苑花庭園も冬牡丹などが咲くのでそれらを被写体として撮影をします。まず午前10時に筥崎宮神苑花庭園前に5人集合し園内に入りました。冬牡丹はたくさん咲いていてくれました。他にもいろいろな花が咲いていました。一通り撮し園内の筥カフェでひと息ついて各々玉取祭に出かけ自然解散しました。玉取祭には他にも部員の人が来ていました。  
                             (写真と文 原田和夫) 


詳細レポートへ






『2015年12月度 写真クラブ例会』
  2015年12月5日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員6名参加で午前11時から始まりました。皆さん、最近撮した写真をテーブルに並べる。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が集まりました。松本さんは日本全国を巡る紅葉撮影旅行の写真を数多く持参されていました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。       (原田和夫 記)


詳細レポートへ





『2015年10月度 写真クラブ例会』
  2015年10月3日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の会議室で松九会写真クラブ会員5名、松愛会写真クラブ1名の参加で午前11時から始まりした。皆さん、最近撮した写真をテーブルに並べる。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が集まりました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。       (原田和夫 記)


詳細レポートへ





『2015年9月度 写真クラブ例会』
  2015年9月5日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松九会写真クラブ会員は7名で開催。今回は松愛会の人の参加は有りませんでした。皆さん、最近撮した写真をテーブルに並べる。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が集まりました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。       (原田和夫 記)


詳細レポートへ





『2015年7月度 写真クラブ例会』
  2015年7月4日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松愛会写真クラブと合同で開催。松九会写真クラブ会員は5名、松愛会写真クラブからは1名の計6名の参加です。皆さん、最近撮した写真をテーブルに並べました。今回も各々季節を感じさせる多くの作品が集まりました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。 
 
(原田和夫 記)


詳細レポートへ




『2015年6月度 写真クラブ例会』
  2015年6月6日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム6階の会議室で松愛会写真クラブと合同で開催。松九会写真クラブ会員は6名、松愛会写真クラブからは1名の計7名の参加です。今回も春の撮影会の写真や最近撮した作品が集まりました。久し振りに参加された松本さんはたくさんの桜の写真や手作りの写真集を持参されました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。 (原田和夫 記)


詳細レポートへ




『2015年春の撮影会』   2015年5月25日(月)

  松九会写真クラブとフォトネット春日との合同撮影会を行いました。当初、雲仙仁田峠のミヤマキリシマの予定でしたが、5月9日時点で既に満開との情報が入った為行き先を大村公園の花菖蒲と小浜温泉のジャカランダとしました。しかし、5月25日現在、ジャカランダはまだ蕾と言うことで小浜には行かず吉野ヶ里にしました。松九会写真クラブから6名参加。全体で24名参加。那珂川観光のバスで福岡市役所前7:30発、途中県道31号線(通称5号線)で参加者数名を乗せ、春日千歳町は8時10分頃に出発。九州道から長崎道に入り大村公園へ。花菖蒲は3分咲き程度でした。次は小浜温泉には向かわず佐賀の吉野ヶ里公園で古代の雰囲気を撮影しました。 (原田和夫 記)
                                                                                                     (写真:高田正春)

                         
 


詳細レポートへ




『2015年4月度 写真クラブ例会』
2015年4月4日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松愛会写真クラブと合同で開催。松九会写真クラブ会員は7名、松愛会写真クラブからは2名の計9名の参加です。皆さん、最近撮した写真をテーブルに並べました。今回も春を感じさせる多くの作品が集まりました。相談役の柴田さんから講評を頂き、各人のベストショットを選んで頂きました。 


詳細レポートへ



『2015年3月度 写真クラブ例会』
 2015年3月7日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールーム3階の研修室で松愛会写真クラブと合同で開催。松九会写真クラブ会員は8名、松愛会写真クラブからは2名の計10名の参加です。皆さん、2月の撮影会の写真や最近撮した写真をテーブルに並べました。今回は3月の例会らしく春を感じさせる作品が多いようです。久し振りに千葉在住の田中さんも参加されました。藤吉さんは写真と共に水彩画も持ってきておられました。相談役の柴田さんから講評を頂きながら楽しいひとときを過ごしました。  (原田和夫 記)

詳細レポートへ



『2015年冬の撮影会』   2015年2月26日(木)

  松九会写真クラブとフォトネット春日との合同撮影会を行いました。当初、2月16日に阿蘇の古閑の滝の氷瀑、仙酔峡の氷瀑、草千里ヶ浜の冬景色を予定していましたが15名と参加者が少なくバスが出せない状況なので中止。しかし考慮した結果、行き先を長崎バイオパークと旧オランダ村に変更して参加者が26名となったので撮影会を実行しました。松九会写真クラブから5名参加。那珂川観光のバスで福岡市役所前8:00発、途中県道31号線(通称5号線)で参加者数名を乗せ、春日千歳町は8時50分頃に出発。九州道の筑紫野I.Cから入って長崎道に入り佐世保三河内I.Cで降り、まず旧オランダ村に寄りました。ここの見学は午後3時迄なのでこちらから。天気予報の雨も降らず、昔のオランダ村のいい雰囲気を思う存分カメラに収める。次に近くの長崎バイオパークへ。いろんな動物を撮すことが出来た。それに花や蝶、鳥まで。隣のPAWにも寄り小動物も撮影。午後3時過ぎまで撮影を楽しんで帰福。今日は撮影時には雨も降らず、最高の撮影日和でした。
                          (原田和夫 記)
 


詳細レポートへ



『2014年12月度 写真クラブ例会』
 2014年12月6日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は8名、松愛会写真クラブからは2名の計10名の参加。いつも使用している3回の研修室は使用中の為、急遽4階の狭い応接室で行うことになる。皆さん最近撮した写真をテーブルに並べましたが今回は参加者が多かったので机に並びきれずソファーの上にも並べました。今回も10月の例会同様秋らしい写真が盛りだくさん。藤吉さんは写真と共に絵画、松本さんは写真と自作のカレンダーも持ってきておられました。相談役の柴田さんから講評を頂き、たいへん勉強になりました。  (原田和夫 記)

詳細レポートへ



『2014年秋の撮影会』   2014年11月21日(金)
   松九会写真クラブとフォトネット春日との合同撮影会を行いました。松九会写真クラブからは6名(柴田恭輔さん、村上直人さん、高田正春さん、入部一さん、藤本国和さん、原田和夫)。全員で25名参加。那珂川観光のバスで福岡市役所前7:30発、途中参加者数名を乗せ春日千歳町は8時20分過ぎに出発。九州道の筑紫野I.Cから入り、多久I.Cで降り西渓公園に向かう。公園内は広くたくさんの綺麗な紅葉が出迎えてくれた。次に御船山楽園に寄る。滞在時間をたっぷり3時間取ったので、広い園内をのんびりと撮影ポイントを探しながら撮影。帰りは武雄の物産館でお土産をたくさん買い込み帰福しました。
                          (原田和夫 記)
 


詳細レポートへ



『2014年10月度 写真クラブ例会』
  2014年10月4日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は6名、松愛会写真クラブからは1名の計7名の参加です。皆さん最近撮した写真をテーブルに並べました。秋らしい写真が増えてきました。相談役の柴田さんから講評を頂き、勉強になりました。  (原田和夫 記)

詳細レポートへ



『2014年9月度 写真クラブ例会』
 2014年9月6日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は7名、松愛会写真クラブからは1名の計8名の参加です。皆さん夏の撮影会の写真や最近撮した写真をテーブルに並べ、相談役の柴田さんから講評を頂きました。藤吉さんは写真をもとに素敵な絵画を披露されました。  (原田和夫 記)

詳細レポートへ



『2014年夏の撮影会』   2014年8月18日(月)

  フォトネット春日と松九会写真クラブとの合同撮影会を行いました。松九会写真クラブから7名、全員で37名参加しました。那珂川観光のバスで福岡市役所前7:30発、途中県道31号線(通称5号線)で参加者数名を乗せ、春日千歳町は8時過ぎに出発しました。九州道の筑紫野I.Cから入って大分道に入り玖珠I.Cで降り、まず龍門の滝に寄りました。丁度雨も止み、親子連れが滝すべりを楽しんでいました。絶好の被写体です。連写で何枚も撮るのでメモリーがなくなってしまいます。次に産山村のヒゴタイ公園まで行きました。時々雨に降られましたがいろんな花を撮すことが出来ました。そのあとやまなみハイウェイを通って長者原のタデ原湿原にも寄りました。ここのヒゴタイは綺麗にまっすぐ伸びて若々しい感じがしました。花も丁度撮し時でした。帰りは四季彩ロードを通って九重I.Cから大分道に入り、福岡まで帰りました。今日は撮影時には雨も小降りになってくれ、まずまずの撮影日和でした。                     (原田和夫 記) 


詳細レポートへ



『2014年7月度 写真クラブ例会』
 2014年7月5日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は6名(今回から松九会遠隔地の田中康彦さんが参加)、松愛会写真クラブからは2名の計8名の参加です。坂井さんは前回同様所用で出席されず作品のみの参加となりました。入部さんは作品は持参されませんでした。皆さん最近撮した写真をテーブルに並べ、相談役の柴田さんから講評を頂きました。藤吉さんは写真をもとに素敵な絵画を披露されました。田中康彦さんは現役時代デザインの仕事をされていましたので趣味でデジカメの外装の変更をされていました。  (原田和夫 記)

詳細レポートへ



『2014年6月度 写真クラブ例会』
 2014年6月7日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は8名、松愛会写真クラブからは1名の計9名の参加です。坂井さんは所用で出席されず作品のみの参加となりました。5月に開催した春の撮影会(阿蘇の天空の道・花阿蘇美・阿蘇草千里ヶ浜)の写真や、最近撮した写真をテーブルに並べ、相談役の柴田さんから講評を頂きました。          (原田和夫 記)

詳細レポートへ




『2014年春の撮影会』   2014年5月22日(木)

  今回もフォトネット春日との合同撮影会を行いました。松九会写真クラブから5名、全員で31名参加しました。つくしの観光のバスで福岡市役所前7:30発、途中渡辺通り1丁目、清水町、徳州会病院前などで参加者数名を乗せ、春日千歳町は8時過ぎに出発しました。九州道の筑紫野I.Cから入って熊本I.Cで降り阿蘇方面に向かいました。まずライダーの間で有名になった「天空の道」に寄りました。外輪山の細い尾根に造られた道はいい被写体になります。そのあと寄った「花阿蘇美」の温室内にはたくさんのバラの花が咲き乱れていました。次に阿蘇草千里ヶ花に寄りました。広い草千里ヶ浜を各人思い思いの撮影ポイントに向かい、ミヤマキリシマの花を心行くまで撮影しました。                     (原田和夫 記) 


詳細レポートへ




『2014年4月度 写真クラブ例会』
2014年4月5日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は4名出席。皆さん最近撮した写真をテーブルに並べ、相談役の柴田さんから講評を頂きました。
   (尚、原田は左足首捻挫の為出席できませんでしたが、近所の松本さんに頼んで作品だけは会場に並べて貰いました。)


詳細レポートへ



『2014年冬の撮影会』   2014年2月15日(土)
 今回もフォトネット春日との合同撮影会を行いました。といっても松九会写真クラブからの参加者は少なく、私(原田和夫)と柴田恭輔さんの2名。それと松愛会写真クラブの林田洋志さんに参加して貰い、フォトネット春日撮影会に便乗させて頂いている格好です。おかさぎ観光のバスで春日千歳町7:00発、福岡市役所前7:30発で参加者24名は一路山口県の萩を目指しました。萩市の笠山では今日から椿まつりが催されていましたがまだまだ椿の花が少なく、撮影ポイントの落ち椿が思うように撮れませんでした。次に長門市の青海島へとバスは向かいます。ここでは青い海と荒々しい波飛沫を眺め、さすが日本海と感激しました。皆さん思い思いに自分の撮影ポイントを探しだし満足して撮影されておられたようです。 

詳細レポートへ



『2013年12月度 写真クラブ例会』
2013年12月7日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は8名出席。各人、11月に開催した紅葉撮影会(清水寺・大興善寺)の写真や、最近撮した写真をテーブルに並べ、相談役の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ



『2013年・秋の撮影会   2013年11月22日(金)
今回もフォトネット春日との合同撮影会を行いました。松九会から8人参加し、合計31人となりました。春日千歳町と福岡市役所の2ヵ所をメインの集合場所とし、その他県道17号線沿いで何人か乗りこみ「筑紫野I.C」から「みやま柳川I.C」まで高速道路で移動。清水寺は「みやま柳川I.C」から車で10分ほどの位置にあります。清水寺本坊庭園の紅葉は見事でした。三重の塔が奥に有りますが4、5人は奥まで行かなかったようです。バスに戻ってきた人から順に弁当を食べる。次に「みやま柳川I.C」から高速で「鳥栖I.C」まで行き、基山の大興善寺に寄りました。ここの紅葉も見事でした。たっぷりと紅葉を楽しみました。帰りは県道17号線沿いに近い人から順にバスを下りていきました。

詳細レポートへ



『2013年10月度 写真クラブ例会』
2013年10月5日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は6名出席。各人最近撮した写真をテーブルに並べ、相談役の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ



『2013年9月度 写真クラブ例会』
2013年9月7日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は7名出席。各人、夏の撮影会の写真や最近撮した写真をテーブルに並べ、相談役の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ


『2013年・夏の撮影会 
 今回もフォトネット春日との合同撮影会を行いました。(松九会写真クラブの会員だけではバスを1台貸し切ることは人数的に無理な為。)
松九会から7人参加しました。春日千歳町と福岡市役所の2ヵ所の他、県道31号線(通称5号線)沿いで4人乗りこみで乗りこみ、山口県の美祢I.Cへ向かいました。
途中、和布刈S.Aに寄る。美祢I.Cで高速を降り、秋吉台へ向かう。秋吉台と言えば、いつもは秋芳洞を見学したあとにちょっとだけ展望台に寄るだけだったが、今回は「長者ヶ森」から「天然記念物の碑」まで野草を撮影しながら歩きました。地図上の所要時間片道15分を3倍の45分掛けてゆっくり花散策を楽しみました。帰りも45分掛けてバスに戻る。展望台前の食堂で昼食を摂り、秋芳洞黒谷案内所から洞内に入る。各人思い思いに好きな場所を探して撮影。外の暑さを忘れて快適な時間を過ごしました。バス出発は16時過ぎで帰路も美祢I.Cから高速に乗り、途中壇之浦S.Aに寄って帰福。


詳細レポートへ


『2013年7月度 写真クラブ例会』
2013年7月6日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。豪雨の中、皆さんよく集まりました。松九会写真クラブ会員は8名出席。各人最近撮した写真をテーブルに並べました。相談役の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ


『2013年6月度 写真クラブ例会』
2013年6月1日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は4名出席。各人最近撮した写真をテーブルに並べました。相談役の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ


『2013年・春の撮影会 
今回はフォトネット春日との合同撮影会を行いました。松九会写真クラブの会員だけではバスを1台貸し切ることは人数的に無理な為。(5月19日(日))
松九会から5人、松愛会から1人参加しました。
伊田商店街でバスを降り、新橋を渡って御旅所へ向かう。そこには2基の御神輿と11の山笠が並んでいました。境内では舞台が造ってあり「まつりIN田川」が開催されていました。「あたりまえ体操」の芸人も来ていました。12時からは獅子舞奉納があり、皆、思い思いにシャッターチャンスを狙う。川の縁に陣取って長い間待って、やっと14時からいよいよ川渡り神事が始まる。まず御神輿が川に入り、続いて11番ある山笠が一つずつ川に入る。川の深さは膝上ぐらい、山笠を大きく揺さぶり気勢が上がる。笛の音もけたたましく、こちらも熱が上がる。

詳細レポートへ


『2013年4月度 写真クラブ例会』
2013年4月6日、福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームで松愛会写真クラブと合同で開催しました。松九会写真クラブ会員は5名出席。各人最近撮した写真をテーブルに並べました。各人自分の写真の前に立ち、撮影状況の説明をして相談役の柴田さんから講評を頂きました。その後、5月の撮影会の説明をしました。5月19日(日)、フォトネット春日が催す田川の風治八幡宮の川渡り神幸祭撮影会に合流参加を計画しています。

詳細レポートへ


『2013年3月度 写真クラブ例会』
2013年3月2日、いままで春日寮にて写真クラブ例会を行っていましたが今回から使えなくなったので、松愛会写真クラブと合同で開催する事になりました。場所は福岡市中央区薬院にあるパナソニック・リビング・ショールームです。松九会写真クラブ会員は9名出席。各人最近撮した写真をテーブルに並べました。まず最初に、相談役の柴田さんから講評を頂きました。その後、各人一人ずつ自分のお気に入りの写真を紹介して貰いました。

詳細レポートへ


『 2013年・冬の撮影会』
   2月15日。小雨の降る中、参加者9人は福岡市植物園入口にAM10:00集合。雨に濡れないためまず温室へと向かう。カメラのレンズの曇りを何度も拭きながら各々お目当ての花を撮す。撮すのが早い人遅い人いろいろですが、12時頃には三々五々園内のレストランで昼食をとる。その頃には雨も上がって晴れ間も出てきました。食事後は自然解散としましたが、みんなで温室に入る前に撮らなかった菜の花を撮したり、野草のエリアで福寿草などを撮しました。また動物園に入って可愛い動物を撮影する人もいました。(原田和夫 記)
詳細レポートへ


『2013年1月度 写真クラブ例会』
2013年1月18日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。6名出席。各人最近撮した写真をテーブルに並べました。まず最初に、各人一人ずつ写真の説明して貰いました。その後、相談役の柴田さんからも講評を頂きました。次回は冬の撮影会を福岡市動植物園で開催しますが、3月の例会はこの春日寮を使えないので場所を何処にするか考慮中です。

詳細レポートへ


『2012年12月度 写真クラブ例会』
2012年12月14日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。8名出席。各人最近撮した写真をテーブルに並べました。秋の撮影会の写真もたくさん出品されました。まず最初に、各人一人ずつ写真の説明して貰いました。その後、相談役の柴田さんからも講評を頂きました。来年の冬(2月15日(金))の撮影会は福岡市植物園にしようとの提案が出ました。動物園にもそのまま入れるので被写体が多数有りいい写真が撮れそうです。

詳細レポートへ


『 2012年・秋の撮影会』
 2012年11月16日。当日は雲一つない快晴で車2台で参加人員8名。まず、安心院の福貴野の滝へと向かうが高速の湯布院を降りた時、湯布院町をすっぽりと覆う朝霧に遭遇した。車は高台へと登り、みんな朝霧を心ゆくまで撮影する。その後道を引き返して一路安心院町へ。福貴野の滝は以前写真部の撮影会で行ったことがあったが、今回は丁度紅葉が見事だった。それから羅漢寺へ向かう途中で昼食を摂る。羅漢寺のリフトに乗り、まず羅漢寺本堂にお参りして紅葉撮影。今回はさらにリフトで頂上展望台まで登った。上からの紅葉を期待していたのだが山全体の紅葉にはなっていなかった。帰路は玖珠I.Cから高速に乗る予定で、途中一目八景にも寄る。ここで記念撮影をして、帰りを急ぐ1台は先に帰福。残る1台の4名は日が陰るまで紅葉の撮影に没頭しました。(原田和夫 記)
詳細レポートへ


『2012年10月度 写真クラブ例会』
2012年10月19日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。10名出席。今回から大工昭さんが入部されました。各人最近撮した写真をテーブルに並べました。まず最初に、各人一人ずつ写真の説明して貰いました。中村剛さんは昔の写真をスキャナーで読んでデジタル化されているようです。その後、相談役の柴田さんからも講評を頂きました。いつもの通り最後に2階のギャラリー松九に貼っている写真を入れ替えました。

詳細レポートへ


『2012年9月度 写真クラブ例会』
2012年9月21日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。5名出席。8月に開催した夏の撮影会の写真や最近撮した写真をテーブルに並べました。まず最初に、各人一人ずつ写真の説明して貰いました。その後、相談役の柴田さんからも講評を頂きました。最後に2階のギャラリー松九に貼っている写真を入れ替えました。

詳細レポートへ


『 2012年・夏の撮影会』
  2012年8月17日。今回の撮影会は雨に見舞われた去年の「熊本県阿蘇郡小国町:滝の撮影会のリベンジとして実施しました。朝からよく晴れており、車1台で7人乗りこみ一路阿蘇郡小国町下城へ。去年は雨のため滝の水がの濁っていたが今回は濁りもなく綺麗にカメラに収まってくれた。ここで下城の滝・鍋釜の滝を撮し、場所を移動して鍋ヶ滝も撮す。鍋ヶ滝では滝の裏側にも入って撮した。昼食を近くのレストランで済ませ大観望へ寄る。阿蘇五岳がよく見えた。産山村のヒゴタイ公園、九重町のタデ原にもより季節の野草を撮影する。

詳細レポートへ


『2012年7月度 写真クラブ例会』
2012年7月20日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。7名出席。まず最初に、各人最近撮した写真を一人ずつ説明して貰いました。時節柄博多祇園山笠の写真が多く並びました。その後、相談役の柴田さんからも講評を頂きました。

詳細レポートへ


『2012年6月度 写真クラブ例会』

2012年6月15日(金)、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。6名出席。最近撮した写真を一人ずつ説明して貰いました。季節柄紫陽花の花が多いようでした。その後、相談役の柴田さんから講評を頂きました。松本さんは奥さんと2人で日本全国を桜を求めて撮った写真を自分流にBOOKスタイルに作成して持ってこられていました。

詳細レポートへ


『2012年5月度 写真クラブ例会』
2012年5月17日(木)、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。6名出席。春の撮影会の写真や最近撮した写真を一人ずつ説明して貰いました。その後、相談役の柴田さんが欠席されたので村上さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ


『2012年・春の撮影会』 場所:大分市 一心寺、戸次本町 2012年4月20日(金)雨のち曇り
  今回はフォトネット春日との合同撮影会を行いました。松九会写真クラブの会員だけではバスを1台貸し切ることは人数的に無理な為。福岡市役所と春日千歳町の2ヵ所で乗りこみ、一人基山P.Aで全員揃って大分へ向かいました。松九会写真クラブからは10人。フォトネット春日からも10人で合計20人です。大分市の一心寺に着きましたが生憎の雨模様。しかしこの天候が絶好の撮影条件として意欲を示されているベテランも居られます。戸次本町に着くと雨は上がり曇り空のしっとりとした町並みを撮すことが出来ました。

詳細レポートへ


『2012年3月度 写真クラブ例会』
12年3月16日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。9名出席。まず最初に、「福岡県高齢者能力活用センター15周年記念事業」に、写真クラブから写真を数点展示してはという話を係りの人から受けました。(5月18・19日に博多リバレイン5階アトリウムガーデンに展示)。その後、冬の撮影会の写真や最近撮した写真を一人ずつ説明して貰いました。又、相談役の柴田さんからも講評を頂きました。

詳細レポートへ


『天神コアにて写真展示』
  松九会15周年記念行事の一環として事務局からクラブへの予算が出ましたので、A3ノビの額縁を9枚購入致しておりました。折角購入したのだから何処かで展示しようと言う話をしていました。今回、福岡市の中心地の「天神コア」地下一階の「岩田時計店」にて展示する運びとなりました。天神地区に寄られた場合は是非立ち寄って御覧頂きますようにお願いいたします。3月の中頃まで展示してくれるそうです。尚、写真は11枚展示いたしております。。

詳細レポートへ


『2012年・冬の撮影会』
  2012年2月17日。今回はJRを利用して門司港駅に午前10時集合。鳥栖から乗った人、博多から乗った人、西小倉から乗った人の総勢7人の参加となりました。まず趣のある門司港駅から撮影して、旧門司三井倶楽部、旧大阪商船などを撮しました。とても寒いので風除けに海峡ドラマシップ(関門海峡ミュージアム)の中に入り込んで「海峡レトロ通り」や「海峡アトリウム」を見物。4階には松九会会員の久野さんの写真も展示されていました。そこで昼食を摂り、又寒い海岸に出てきました。海峡プラザや旧門司税関を廻って門司港駅から帰福。

詳細レポートへ


『2012年1月度 写真クラブ例会』
2012年1月20日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。7名出席。各自最近撮した写真を机の上に並べて貰い、一人ずつ作品についての説明を行いました。その後、相談役の柴田さんから講評を頂きました。今回からの新部員の加藤敏明さんも参加されました。松本さんは皆さんから預かったデーターをA3ノビに印刷されて持参されていました。又、次回の2月の門司レトロ地区撮影会の説明も行いました。

詳細レポートへ


『12月度 写真クラブ例会』
2011年12月9日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。10名出席。各自最近撮した写真を机の上に並べて貰い、一人ずつ作品についての説明を行いました。松本さんは自作のカレンダーを持参されていました。その後、相談役の柴田さんから講評を頂いたり、松本さんのパソコン講座も開かれ充実した会となりました。又、今回からの新部員の入部さんも見学にこられました。

詳細レポートへ


『11月度 写真クラブ例会』
2011年11月18日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。7名出席。雨の為、男池・くじゅう方面への撮影会を中止し、代わりに写真例会を開きました。各自最近撮した写真を机の上に並べて貰い、一人ずつ作品についての説明を行いました。その後、相談役の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ


『10月度 写真クラブ例会』
2011年10月21日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。7名出席。先日、坂井さんの企画で五島列島福江島へ撮影旅行へ行った時の写真や、最近撮した写真を机の上に並べて貰い、一人ずつ作品についての説明を行いました。その後、相談役の柴田さんから講評を頂いたり、松本さんから自作の来年のカレンダーの作成方法や、パソコンソフトの使い方説明などであっという間に時間が過ぎました。

詳細レポートへ


『9月度 写真クラブ例会』
2011年9月16日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。10名出席。夏の撮影会の写真や最近撮した写真を机の上に並べて貰い、一人ずつ作品についての説明を行いました。どれも力作ばかりです。その後、相談役の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ


『松九会15周年記念行事 2011年・夏の撮影会』
  2011年8月21日。今回の撮影会は、『松九会15周年記念』イベントの一環として実施しました。朝から雷が鳴り、竜巻警報が出る中、撮影会を実施。松本車は福岡市役所横から、原田車は春日以降の人達を乗せ、朝8時に基山で10人は合流。日田で高速を降り一路阿蘇郡小国町下城へ。雨具の用意をして出かけると雨の為水量が多いし水も濁っている。カメラのホワイトバランスを「電球」にして濁っている水が目立たないように撮す。ここで下城の滝、鍋釜の滝を撮し、場所を移動して鍋ヶ滝も撮す。昼食を済ませて大観望、阿蘇大橋方面に行く筈だったが、途中濃霧に囲まれ引き返すことにした。道の駅「小国」で暫く休憩。皆さんここでもいろんな被写体にカメラを向けられていました。

詳細レポートへ


『7月度 写真クラブ例会』
 2011年7月15日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。6名出席。最近撮した写真を、机の上に並べて貰いました。まず一人ずつ作品についての説明を行い、その後、相談役の柴田さんから講評を頂きました。又、五島撮影旅行を秋に実施しようとの話も出ました。

詳細レポートへ


『6月度 写真クラブ例会』
 2011年6月17日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。7名出席。5月に開催した春の撮影会の写真や最近撮した写真を、机の上に並べて貰いました。まず一人ずつ作品についての説明を行い、その後、相談役の柴田さんから講評を頂きました。又、写真クラブとしての松九会15周年記念行事の取り組みを話し合いました。

詳細レポートへ

『2011年・春の撮影会』
 2011年5月22日。曇り空の中、M本さんの車に7人乗り込み、まず阿蘇草千里ヶ浜へ。ミヤマキリシマが僅かに咲いていました。ロープウェイ阿蘇西駅付近一面は火山性ガスで全滅状態。仙酔峡はたくさん咲いていました。でももう花の次期が終わりかけていました。波野村のすずらん自生地ではたくさんのすずらんに出会えました。雨が降りだしたので退散。電話で日田の花火大会の決行を確認して時間調整のため池山水源に寄ったり、筋湯温泉に浸かる。日田に着き駐車場をやっとの思いで探し出し夕食を摂り花火を撮して帰福。

詳細レポートへ
『4月度 写真クラブ例会』
2011年4月15日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。7名出席。今回は自由課題で、各人最近撮した写真などを、机の上に並べます。まず一人ずつ作品についての説明を行い、その後、相談役の柴田さんから講評を頂きました。松本さんのレタッチ講座もありました。

詳細レポートへ
『3月度 写真クラブ例会』
2011年3月18日、春日寮にて写真クラブ例会を開催しました。8名出席。前回おこなった日田市大山町おおくぼ台梅園の撮影会の写真、最近撮した写真などを、各人机の上に並べる。まず一人ずつ作品についての説明を行い、その後、世話人の柴田さんから講評を頂きました。

詳細レポートへ

『2011年・冬の撮影会』

2011年3月6日、大分県日田市大山町・大久保梅園、ひびきの郷での梅の撮影会を開催。
 雨の中、おかさぎ観光のバスで梅の名所「ひびきの郷」に9時過ぎ到着。11時40分まで大久保梅園で梅の花を撮影して「ひびきの郷」のレストランで昼食。そのあと隣接した梅の香温泉「なごりの湯」に浸かる。温泉のホールでは絣着のファッションショーが行われていま
した。

詳細レポートへ



10月例会 原田和夫さん撮影の野草「人字草」の花

11月20日の秋の撮影会は汗ばむ程の快晴のもと、瀬高町の清水寺、吉井町のハゼ並木、甘木の秋月城址へと秋の紅葉を撮りまわった。清水寺の本坊院の周辺はイチョウの黄葉とモミジの紅葉が最盛期でテレビでの紅葉放映もあってか観光客がワンサ。ハゼ並木の紅葉も今が盛りと真っ赤に燃え立ち、出店も並んでここも見物客で道一杯。秋月城址も見事な紅葉、黒門一帯は人・人でギッシリ埋まっていた。当日は運転手さんのご好意とお世話に乗っかり、最高のモミジ狩りと撮影会をたっぷり楽しめた掲載の写真は10月例会に出品された原田和夫さん撮影の野草「人字草」の花です。暗い背景の花を選び、花を右上から左下へ流して配することで画面に緊張感と動感が生まれ、2個に絞った花をアップで写し、ピントも良く、花の名前の様な擬人化も写し込まれました。(柴田恭輔)

9月例会 「凝 視」 村上直人さん撮影

9月の例会には福岡近郊や鹿児島・錦江湾の打上げ花火、八女の燈籠流し、大分の竹燈祭りなどの夏の風物写真が多くを占めたが、

他にも菊地渓谷の緑陰の流れ、流し撮りの技法を使ったSLの写真、白黒写真で表現した老婦の表情、女性的な作画と色調のブドウの写真など夏場にふさわしい作品で会議テーブルは満杯になった。

 掲載の写真は8月の撮影会(海の中道海浜公園)で撮影された村上直人さんの黒鳥の写真です。羽繕いしながらも至近距離から写す撮影者をジッと凝視する鋭い目は「気性の荒い黒鳥」の性格が的確に捉えられています。写真表現には対象となる被写体の特徴や性格や性質などの「らしさ」が写し込まれることで説得力のある質の高い写真になると言われています。 (柴田恭輔)

7月例会 「アーケードの造形」 高田正春さん

7月16日の例会作品は季節柄、昆虫を集めた菖蒲の花、東屋を背景の紫陽花、大胆な作画の山里の石橋などが出品されたが、やはり勇壮な博多祇園山笠の写真が圧倒的に多かった。掲載の写真は高田正春さんの作品で、博多・川端通り商店街の写真です。

アーケードの明り取り天井を左下から右上の大きな丸天井へと配した遠近感の表現と黒い骨格の造形美、左端の人物を小さく右への人物を大きく写し込んで人の流れを表現したカメラアングル、これ等の要素によって画面全体に左下から右上へ向う力強い動きが与えられています。柴田恭輔

熊本の美里町で古い石橋を撮り歩く

熊本の美里町で古い石橋を撮り歩く
5
15日、古い石橋が数多く存在する事で知られる熊本の美里町で、昔の石工達がその石組の技で構築した古い石橋の景観を撮影して回った。御船インターで高速を降り、先ず美里町の二俣橋を撮影(橋の横の大銀杏の木は秋の黄葉も楽しみ)、次に大規模なアーチ型の霊台橋へ(ここには観光バスも来ていた)。昼食の後、通潤橋を一回りして撮影し、直ぐ近くにある勇壮な五老ヶ滝の滝壺へ降りてこれを撮影。最後に山あいにひっそり佇む八勢目鑑橋(橋の下に渓流釣りをする人が1人居た)を撮影してから帰途についた。 掲載の写真は2番目に撮影した霊台橋で、そのスケールの大きさを表現するために、橋の下に川の両岸を覗かせ、橋を通る人物を待ってシャッターを切ってみました。(柴田恭輔



1月例会と初の公開写真展
1月早々の例会には新年に相応しく湖に映った富士山の「逆さ富士」・1月の祭り「武射祭」のスナップ写真・雪の筥崎宮で写した「雪の冬牡丹」・モノクロ写真で表現された町中の風情・今年の干支の寅(虎)やゴリラなどの動物写真など、冬場の写材に乏しい中でも会員夫々が自分なりの写真ライフを楽しんでおられた。      掲載の写真は会員の原田さんが雪の朝、筥崎宮で撮影された冬牡丹。藁囲いや花の上の雪がキリッとシャープに写っている事で、雪の朝、雪がダレる前にサッと撮影に行かれた行動力が伺えます。この写真の良さは、ピントをピシッと合わせた主題の花を右手前に置き、その背景として程よいボカシ具合の藁囲いを左奥へ配した画面構成にあります。尚、写真クラブは昨年12月16日から今年1月15日迄、博多・祇園町のニコン・フォトスクエアーで初の写真展を行い、会員の作品20点を一般公開しました。(柴田恭輔 記)
「雪の冬牡丹」原田和夫さん
三部門合同の撮影会を開催
 大分・竹田の岡城址で合同撮影会

昨年の11月14日、松九会写真クラブ、PCCカメラ部、松愛会(旧、松下電器OB会)カメラクラブの三部門合同の撮影会を秋の岡城址で開催した。明け方まで降り続いた大雨が上り、途中で立ち寄った“夢の大吊り橋”は霧に浮かび、シットリと雨を吸った岡城址の城壁は色づいた紅葉を鮮やかに引き立てていた。写真としての岡城は城壁と春の桜が主流の感があるが、秋の紅葉との組み合わせは一味違った古城の風情を醸し出していた。岡城址を撮り終った後、直ぐ近くの城下町へ移動して武家屋敷などの古い歴史をカメラに収めて合同撮影会を終えた。掲載の写真は“岡城写真の定番中の定番”と言われるほど撮り尽され、ありふれた場所ですが、茶店の前に飾られた和傘で味付けをして“古城の秋”を表現してみました。

松九会写真部 作品展示会 開催中

本日より博多駅前のニコン 福岡サービスセンターで松九会写真部の皆さんの作品を展示していますので多数の御観覧宜しくお願いします(中村 剛)
(展示期間)平成21年12月16日〜29日,平成22年1月5日〜15日
(場所)   〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1-4-1 (博多駅前第一生命ビル1階)
ニコン福岡サービスセンター HP

9月例会を開催
 東椎屋の滝」

9月の例会は大分に在住の会員、飯盛万司さんの案内と撮影指導で実施した8月21日の「大分の滝・撮り歩き」撮影会の写真を中心に北海道の青空の雲、平戸の教会、久留米の花火大会などの写真も出品された。大分の撮影会では飯盛さんの綿密な撮影計画により、日本の滝100選に選ばれている西椎屋の滝・東椎屋の滝・福貴野の滝、それにこれら滝の移動途中で院内町の蔦が絡んだ古い橋・安心院町で有名な鏝絵など夏の大分を思う存分に撮り歩くことが出来ました。掲載の写真は松本文夫さん撮影の東椎屋の滝です。この写真はまず、明るめの露出と遅めのシャッター速度の選定がこの場所の情景描写にピッタリ合っていると思います。それにこの写真のもう一つの強みは滝壺手前の水面の量を少なめに切り詰めたことで、滝の写真としての緊張感がシッカリと表現されました。

5月例会を開催
 吉野ヶ里 風情
5月15日の例会は、今年も北は青森県まで桜の開花前線を追っかけ撮りして先日帰ってきた人、登山をしながら自然の花々と向き合ってきた人、岩国の航空ショーを独自の視点で捉えてきた人の写真などが出展された。その中で、これって花屋のあんたの写真?と皆が驚いたのは、庭先でシャボン玉を飛ばしている子のスナップ写真でこれは今月のトップ賞もの。記載の吉野ヶ里の写真は中村さんの得意技である広角レンズの特徴をうまく活かした写し方で、手前の麦の穂に迫って穂立ちの姿をピシッと捉えながらも遠くにある主題の遺跡の建物までカリッとピントが合っています。主題の吉野ヶ里遺跡に似合う前景として前面の麦の穂波を選び、吹く風がその穂波を遺跡の方向になびかせている舞台の瞬間をすかさず写し止められていて、総合的な力量が感じ取れる作品になっている。(柴田 恭輔)
3月例会を開催
 樹 影

3月27日の例会は今年2月に実施した福岡・天神での撮影会の作品と一般作品を持ち寄った。天神撮影会の作品では開店間際の商店街や朝の出勤風景など街の朝の表現や町の裏通りにまだ残っている貴重な?落書きの写真が切り取られ出品された。(福岡市では町の美観を取り戻そう落書き消しのボランティア活動が活発になっている)一般写真では、背景処理(背景のボカシ具合)が功い春の花のマクロ撮影の写真と2人から出品された地面の樹木の影を主題とした作品が目を引いた。掲載の坂井さんの写真は木の影を左下から大胆に斜め上に配されていて、何か黒い怪獣が右上から斜面を駆け下りて来るようにも見える不思議な写真だ。左上に白っぽい株立ち樹幹も幻想的で怪獣を引き立てっている(柴田 恭輔)
大分の国東半島で秋の撮影会

昨年11月21日、国東半島の“富貴寺”“長安寺”“両子寺”“文殊仙寺”の古寺四ヶ所を巡り、雨模様のシットリした空気に包まれた境内で紅葉や苔むす石仏などを丸一日かけてじっくり撮り歩いた。今月は原田さんと松本さんから当日の“この一枚”を紹介して頂きます。(柴田恭輔)

@「長安寺の紅葉…原田和夫」・長安寺では既に盛りを過ぎた紅葉や、まだ色づいていない紅葉が待っていました。それでも絵になるアングルを探し回り粘って撮った1枚です。鐘突き堂に掛かる紅葉が美しく光っていたので写してみました。 
     

A「両子寺の紅葉…松本文夫」・国東六郷満山の総持院として栄えた両子寺。境内のいたるところで紅葉するカエデの巨木が見事です。晴れた日でも雫が落ちるといわれる「しぐれ紅葉」は両子寺の七不思議の一つに数えられています、住職が紅葉に向かって思いを馳せ祈る姿を撮りました。

長安寺の紅葉・原田和夫

両子寺の紅葉・松本文夫


9月の例会を松九会事務所で開催
9月の例会は8月8日に実施した山口県の日本海海岸の撮影会での作品を持ち寄った。観光船で海側から撮影した特徴的な赤い岸壁が連なる青海島、南海の海を思わせる透明で澄みきった青い海と寄岩の油谷町の大浜海岸、海岸を繰り返し洗う白い波と夏雲が沸き立つ豊北町の角島大橋、これらの特徴のある情景を会員夫々の視点で切り撮られた作品で会議テーブルは直ぐに満杯になった。記載の中村さんの写真は南国的な夏の大浜海岸を駆ける子を超広角レンズで雄大に、藤尾さんの写真は角島大橋のど真ん中からズームレンズの広角側で夏雲を大胆に、橋の幅と奥行きを遠くまでシッカリ描写されていて、どちらも広角レンズの特徴がうまく活かされてた作品(柴田 恭輔)


↑磯を駆ける子(中村 剛さん)


←   橋の上の雲景(藤尾 明さん)

7月夏の例会を開催
7月は自由作品の例会だったが季節柄、博多山笠の写真が多数出品された。舁き山の勇壮な動きの一瞬をピタッと写し止めた作品は、フィルムの浪費の心配がないデジカメで“連写した中のこの1枚”との事。デジタカメラの効用・威力である。他に写真撮影で一番難しいとされている白色の表現だが、白い山菊薬や白ツツジの花を綺麗な白のトーンで撮影された作品が印象に残った。花に止まった蝶の写真では流石にその目と蝕覚にはビリッとピントが来ている。春先の桜の広場で子供用自転車のある家族団欒の姿は正に日本の原風景で心和む作品。掲載の写真は宮脇 彪さんの上高地の作品で手前に川砂利を配する事によって梓川のS字の流れを梓川らしく上手く表原できました。(柴田 恭輔)
平成19年度の最終月例会
月例会では、2月9日に実施した「中洲・川端の町」撮影会、2月23日の「太門窯」注)のグループ撮影、その後の自由作品など出品多数で会場テーブルが直ぐに満杯となり、後から到着の会員には作品の提示をしばらく待って頂くほどでした。「中州・川端」の写真では店先の商品や展示物を美術的に切り取った写真や街中を背景のヤングパワーのポートレイトが印象だった。“火と炎”が主役の「太門窯」では、夕方や夜の光で撮った写真の力強さに軍杯をあげる。自由作品では背景処理(色使いとボカシ具合)の上手い作品が印象に残った。掲載の写真は坂井 ?さん作品でキャナシティーのショーウインド―を無駄のない画面構成に撮られたスキのない完全度の高い作品に仕上がりました。                (柴田 恭輔)
注)「太門窯」松九会会長所有の登り窯

白虎のウインドウ(坂井 ?さん撮影)

中洲・川端の街中を撮り歩く
雨か雪の予想が外れ時折薄日が差し2月9日、冬の撮影会を行なった。博多リバレインとその周辺の通りやオシャレな店にカメラを向け、また川端通街を撮り歩きキャナルシティへ。大胆な建築デザインの造形美や面白い店の表情などメンバー夫々の見方、感じ方でカメラに収めた。普段は主に自然の風景写真を撮っている私達が街中での風景や表情をどんな目線で捕らえたか?結果が楽しみである(掲載写真は松本 文夫さんの1月例会の作品です)



                                        春先の香り
「渓谷春景」

5月19日(土)、渓谷撮影には絶好条件の薄曇り、時々の日差しの天候。午前の光で新緑での逆光撮影がさえる渓谷。上流からは渓流の順光撮影しながらスタート起点へ撮り下がり、午後からは、往復2時間の撮影に4時間掛けての遠景の新緑、中景の滝、近景の渓流、足元の浅流と苔や落ち葉など会員夫々の視点でジックリ、しつこく、熱心にファインダーを覗き続けた。午後は朝とは違う光と景色にシャッターを切り撮影会を終えた。

(今回の写真は、明るめの露出と長めのシャッター速度で春の柔らかな新緑と渓流をソフトに表現してみた)

(柴田 恭輔

                      写真クラブの8月、夏の例会

先ず松九会の10周年記念展に参加する写真クラブの展示企画を最終確認して通常の写真勉強会に移った。今回は紅葉や雪山の作品と共に季節柄、屏風絵を思わせる霧に浮く山稜、作者の意図が伝わる滝や渓流のシャッター速度、普段は見過ごす浅い流れの落ち葉の風情、編笠部分が主役の阿波踊り等、会員夫々の持ち味が十分表現されていて、写す方の「撮影力」はだいぶ勉強してきた。これからは自分が移した中からこれっ!という「自分の作品」を選び出す「選眼力」を養っていく事も大切になってくると思う。(掲載の写真は、勇壮な湧き雲と、その雲間から一瞬差し込んだ細い陽光が岩場突端の小さな登山者を強力に浮き立たせている。写真は光と影の芸術…と言われるが、その好例と言える)
                (村上直人さん撮影の「湧雲の眺望)
 津屋崎で久し振りの遠征撮影会                
原田和夫さん撮影の「夢中な人
3月17日(金)、快晴。先ずは津屋崎で有名な“アンズの里”へ。丘陵一面をピンクに染めた初めて見るアンズの丘は見事なもので、その丘陵の一番美しい場所、角度、背景、部分にシツコイ迄にカメラを向け続けた。午後は17時頃の干潮を念頭に14時に恋の浦海岸へ。まず岩礁だけの岩場で岩に打ち付ける波しぶきや怪奇な岩の姿を撮影して更に海岸を1キロほど移動し、潮が引いてくると海中の岩と共に現れてその磯をフサフサと午後の光で黄緑色に飾る珍しい海藻やその美しい景観を各自の目線でたっぷりとフイルムに収めて帰ってきた。(掲載の写真は同行の原田和夫さん得意のデジカメ・スナップで、直ぐそばで写されているのに気付かず撮影に夢中の仲間)(柴田恭輔)
05年の最終例会を実施
2月13日、先ず06年度の活動計画と3月の撮影会の打ち合わせ…。世話役の原案がほとんど覆され、修正が加わった事で会員の熱意と参加意欲が強く感じられた。勉強会では、さすがに季節柄「長崎ランタン祭り」「高原の冬景色」「冬の渡り鳥」などの写真が多数出た…。 掲載の阿蘇/草千里の写真は、前景・中景・遠景を確実に構成し、全てにピントの「風景写真の基本」的な写真。(柴田恭輔)

         (「草千里冬景」村上直人さん撮影)
「想定外」の撮影会と「秀作」が揃った12月例会
11月10日、瀬高町の清水寺へ紅葉の撮影に行ったが目当てのモミジはほとんどが青々としていて全くの当て外れ。それでも全員ひるむ事無く、古寺構築の造形・五百羅漢の石像・部分的に色付いたモミジの枝先などに午後2時近くまで真剣にレンズを向けた。12月8日、今回の撮影会の写真も含めて各自が撮影した「秋・紅葉」がテーマの例会を行ったところ、各自のアルバムの中だけに留めておくには勿体無いほどの秀作が次々に出て午後3時までの予定時間が4時近くになった。
*同じ花でも撮る人の視点と感性でこんな造形の美が撮れる一例を掲載します。

           「彼岸花の造形」 藤井哲夫さん撮影
福岡市 動・植物園で撮影会

8月6日、朝9時の開園を待ってまず動物園へ、前もって調べておいた柵や檻が撮影の邪魔にならないフラミンゴ、縞馬、ダチョウ、猿山のサル、ペリカンに絞ってカメラを向けた。相手は動物。気長にしつこく、いい位置でのいい表情を待ち続けこの5ヵ所だけで午前の3時間を使い、昼食後は動物園を横断して植物園の温室(植物への空調で屋外より涼しい)で花の撮影。花のマクロ(拡大)では、花の僅かな揺れでもブレブレの写真になるので空気の流れが一瞬止まるのを辛抱強く待ってシャッターを押した。少し気が短いと自覚の人に写真を勧めたい。小戸のヨットハーバーは雨が降り出したので断念。           (柴田恭輔)




                  「写真は原田和夫さん撮影」